無料ブログはココログ

幼児教育

2012年7月10日 (火)

守谷二三ケ丘幼稚園様 母と子の絵本教室

7月6日金曜日。開園35年、古くからの石井方式国語教育の実施園でいらっしゃる守谷二三ケ丘幼稚園様で母と子の絵本教室をさせていただきました。

今回のテーマは「日本の美しい言葉と作法~言葉の教育は子どもたちへ最大の贈り物~」 。
参観日のこの日、会場にはおよそ150人の保護者様が集まって下さいました。

最初に年長雪組の子ども達28人と一緒に、しっかり腰骨を立ててからご挨拶。
会場いっぱいに「こんにちは」の澄んだ声が響きました。

次に石井方式花園文庫「挨拶が嫌いな王様」の読み聞かせ。
絵本はもちろん、素話や読みカードを楽しく音読します。
私が「みなさんもきれいな声で読みましょう。」と声を掛けると、子ども達も一緒に読みました。

続いて音読道教科書「日本の美しい言葉と作法」から「挨拶」を抜粋し、子ども達と音読しました。
「みなさんは挨拶をするとどんな気持ちになりますか?
」と尋ねると
「気持ちがいいです。」と答えてくれました。

その後会場の保護者様に、丸暗記能力(機械的記名能力)が高い幼児期に目で見る言葉「漢字」を使って、物語や名文を音読することが、脳を育て、語彙を増やし、豊かな心を育むことにつながっていくことについてお話をさせていただきました。熱心に深くうなづきながら聴いていただき、保護者のみなさまの意識の高さを感じました。

最後に私の好きな詩、ドロシー・ロー・ノルトの「子は親の鏡」を会場のみなさまと音読しました。その時の一体感が今でも心地よく私の心に残っています。

「美しい言葉は美しい心を育てます。 優しい心で正しい言葉を贈りましょう。」

2012070604360000





2011年8月29日 (月)

学ぶことはまねること

みなさんは【学習】という言葉を聞いて何を思い浮かべますか?

【学ぶ】という言葉の語源は【真似ぶ】。つまりまねをするということです。

【習】という字は、もともと羽という字と百という字でした。やがて巣立っていく雛鳥に親鳥は百回も二百回も羽ばたきをして見せます。繰り返し繰り返し。それを見てならうことを【習う】と言いました。

机に向かって難しい問題を解くばかりが学習ではありません。子どもたちは良いことも悪いことも私たち親のまねをして学んでいくのです。

幼児期の子どもたちは"繰り返しが大好き"です。楽しく繰り返してあげればまるで乾いたスポンジのように物事を吸収します。

Photo

           子どもがいると

     あたりの空気は

     何か鳥のように

     羽ばたいている

     よい花の

     においもするようだ

                             立原道造

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック