無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月15日 (火)

【雪という字】
1月14日(祝)。朝から降っていた雨がとうとう雪になりました。

この雪という字の下の部分"ヨ"は手のひらの形を表しています。
雪がちらちら降ってくると、つい手のひらで受け止めたくなりますね。そんな様子からできた字です。
こうして、折に触れて漢字の成り立ちを子供たちに話してあげると、みんな身を乗り出して聴いてくれます。そして深く心に刻んでくれます。
... 石井方式の授業では石井勲先生が残してくださった漢字の成り立ち指導を取り入れています。
明日の授業では、雪と言う字について子供たちに話してあげようと思っています。

面白し 雪にやならん 冬の雨 
                               松尾芭蕉
                    
Photo
 



2013年1月 8日 (火)

干支

干支~えと~

 干支は、十干(じっかん)と十二支を組み合わせたものです。
十干はもともと日を十日のまとまりで数えるための符号でした。十日ごとに「一旬(いちじゅん)」と呼び、上旬・中旬・下旬という言い方は今でもよく使われています。

また干支は年、月、日、などの暦だけではなく時間、方位などを示すためにも使われます。みなさんも丑寅(うしとら)の方角とか辰巳(たつみ)とかいう言葉を耳にされたことがあるでしょう。最近では全国的にも盛んに節分に"恵方巻き"を食べるようになりましたが、今年の恵方=は巳午(丙・ひのえうま)の方角だそうです。
「草木も眠る丑三つ時」とは午前二時から二時半頃のことです。
干支は60年周期。その30年の節目に当たる平成25年、今年の干支は癸巳(みずのとみ)ということになります。

Photo


2013年1月 3日 (木)

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

カレンダーなどでよく目にする月の異名を月雅称(つきがしょう)とか和風月名(わふうげつめい)と言います。
 1月の月雅称は”睦月” 。1月には親類や知人が互いに行き来し仲睦まじくすることからこう呼ばれるようになりました。
 
芹(せり) なずな 御形(ごぎょう) はこべら 仏の座
すずな すずしろ これぞ七草

                        左大臣 四辻善成
お正月のご馳走(ちそう)で疲れた胃を整えるには七草粥(ななくさがゆ1月7日)がいいですね。
平成25年巳年が皆さまにとって素晴らしい年になります
ようにお祈りしております。

Photo_2


« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック